TOP トピックス
[面材]

木製家具の仕上げには主にポリ合板、メラミン化粧合板、突板、無垢板とあります。
ポリ合板・メラミン化粧合板は木目などをプリントによって表現していますが、突板・無垢板は実際の木を使用するため、木本来の味わいがあります。



無垢材
無垢材
自然の木そのままの雰囲気を楽しめます
樹種によって硬かったり柔らかかったり、木目、色その他バリエーションが豊富です
これら樹種が数多くある上に、仕上げの塗装も一般的なオイルステンの他、体にもやさしい自然塗料、強度を求めるならウレタン塗装などと多様です
木そのものの強さと共に塗装の強度によって使用する部分ごとに適したものを選択するので価格もピンキリになってきます
自然であるがために木材が反ったり曲がったりすることもありますが、それも含めて経年を楽しめるような方におすすめです

無垢材を細かくカットしたものを再び接着剤でつなぎなおしたものを集成材といい無垢材の一種ですが、反りや割れなどが起こりにくく製造上の特徴として継ぎ 足しても継ぎ目が分かりにくくなります
この材料は安価に手に入ることが多いです




突き板
突き板
ベニヤ板等を下地にして、木材を薄くスライスして貼りつけたものを突き板といいます
無垢材に比べると価格が安く、下地がベニヤになるために反りや曲がりも少ないので使いやすいのですが、木材のスライスの仕方によっては木目が自然にあるも のと少し異なることがあります
そんなに気になるほどではありませんが・・・
最終的な仕上げは無垢材と同じく塗装を行うことが多くなります




化粧合板
シート
主に木目をプリントした樹脂製の化粧版です
突き板と同じく、下地に反りや曲がりの少ないものを使うことで狂いが少なくなります
材料そのものの価格が無垢材や突き板と比べて安いうえに、仕上げに塗装する必要がなく一工程減らすことができるので、安価に家具を作ることができます
プリントの技術も年々上がってきているので、木にこだわらなければこれで十分だと思います
ポリ合板とメラミン化粧合板があり、
カウンターや扉などの傷がつきやすい部分にはメラミン化粧合板、目立ちにくい内部にはポリ合板など要求される強度によって材料を選びます
掃除のしやすさや傷のつきにくさ等、メンテナンスの面でも優れた製品で、
木目以外にも、単色のものや石目、グラフィカルなものなど多数あり、高価にはなりますが、高温に強いものやステンレスっぽいものなどもあります。